センキョこどもサイト

まちづくりは選挙から選挙のあゆみ選挙のしくみ明るい選挙クイズ投票してみよう!リンク子どもサイトトップへ

明るい選挙

 誰(だれ)にもじゃまされずに、自分の、自由な考えで正しく投票する選挙のことを「明るい選挙」といいます。お金をもらったり、プレゼントを受け取ったりしてその人に投票したとしても、自分の本当の意思(いし)を伝えることにはなりません。明るく正しく投票してこそ、私たちの「明るい選挙」といえるのです。

明るい選挙推進(すいしん)運動
明るい選挙推進協議会
寄附(きふ)の禁止


みんなで守ろう明るい選挙


○明るい選挙推進運動

 候補(こうほ)者が有権(ゆうけん)者にお金や物をおくって、自分に投票するよう頼(たの)んだり、逆に有権者が候補者に寄附を求めたりしていては、選挙が正しく行われることができません。こうした不正のないきれいな選挙を「明るい選挙」といいます。
 また、最近では、選挙に参加しないで、投票に行かない有権者が多くいます。選挙は民主主義を支える重要な制度ですから、みんなで参加する(=投票する)ことがとても大切です。そこで、この「明るい選挙」や有権者の選挙への参加を進めるための運動、「明るい選挙推進運動」が進められています。

○明るい選挙推進協議会

 選挙の時に、駅前や商店街などで「明るい選挙」のたすきやハッピを着て、投票を呼(よ)びかけている人たちを見たことがありませんか?
 「明るい選挙推進運動」を進めるため、県と市町村に、地域(ちいき)の人たちでつくる「明るい選挙推進協議会」、略して「明推協」(めいすいきょう)があります。山口県の明るい選挙推進運動は、こうした人たちの努力と熱意に支えられて進められています。

コラム 明るい選挙のシンボルは「白バラ」です。
 この白バラがいつ頃から明るい選挙のシンボルとして使用されたかは明らかではありませんが、明治時代に普通選挙の実現のために運動していた人が、胸(むね)に白バラをつけてがんばっていたそうです。
 今では、白バラの持つ清楚(せいそ)な感じが、明るい選挙の目標の一つである"清潔(せいけつ)さ"を象徴(しょうちょう)するものとして、広く一般的に使われています。

○寄附(きふ)の禁止

 政治家(候補者、立候補を予定している人、現在、公職にある人)と私たち有権者のつながりはとても大切です。しかし、お互(たが)いの間でお金や品物のやりとりが行われるようでは、いつまでたっても明るい選挙は実現しません。   寄付はダメ!めいすいくんイラスト

■政治家からの寄附の禁止

 政治家が選挙区内の人に寄附をすることは、特定の場合以外は一切禁止されています。また、有権者が政治家に寄附を求めてもいけません。
 結婚式や葬儀(そうぎ)などにおける贈答(ぞうとう)なども寄附になります。

禁止されている寄付(例)
 病気見舞い(みまい)、祭りへの寄附や差し入れ、葬式(そうしき)の花輪、開店祝の花輪、お中元(ちゅうげん)やお歳暮(せいぼ)

■後援(こうえん)団体からの寄附禁止

 政治家の後援団体(後援会など)が行う寄附も、政治家の寄附と同じく禁止されています。

■政治家の関係会社などからの寄附禁止

 政治家が役員をしている会社や団体が、政治家の名前を表示して行う寄附や、政治家の名前をつけた会社や団体が、その選挙に関して行う寄附も政治家の寄附と同じく禁止されています。

■その他の寄附の制限

 政治家への寄附についても、国や地方公共団体と請負(うけおい)などの関係にある者の寄附の制限、政治資金規正法による制限などがあります。

みんなで進めよう3ない運動イラスト(贈らない、求めない、受け取らない)

▲ページトップへ