選挙管理委員会事務局

まちづくりは選挙から選挙権と被選挙権選挙の種類投票と開票選挙管理に携わる人たち明るい選挙投票してみよう!参加しようセンキョ豆知識トップページへ

選挙管理に携わる人たち

私たちの意思が、正確に政治に反映されるためには、選挙自体が公正に行われなければなりません。だから、選挙は、公的な機関の人々によって常に厳しく管理されています。正しい選挙が行われることは、民主主義を守り、私たちの暮らしを守ることになるのです。

県選挙管理委員会
主な職務
衆議院小選挙区選挙や参議院選挙区選挙、県議会議員や知事の選挙に関する事務の管理
市町村選挙管理委員会に助言を行う
組織
4人の委員で構成され、任期は4年
委員は選挙権を持っている人で、人格が高潔、政治及び選挙に公正な識見を持つ人のうちから、県議会議員の選挙により選出
委員長は委員の中から互選

市町村選挙管理委員会
主な職務
市町村の議会の議員や長の選挙に関する事務の管理
すべての選挙についての投開票事務
選挙人名簿の作成・管理
組織
(県選挙管理委員会と同様)

※買収や事前運動などの選挙犯罪の取締は、警察や検察によって行われます。


選挙会・選挙長

各選挙では、当選人を決定する選挙会が設置される
選挙長は、この選挙会に関する事務や立候補の届出の受理などを行う
選挙長は、その選挙の有権者の中から、その選挙を管理する選挙管理委員会によって選任される

投票管理者
投票に関する事務を行う
  選挙人の確認、投票用紙の交付、投票箱の開票管理者への送致など
その選挙の有権者の中から、市町村選挙管理委員会によって選任される

開票管理者
開票に関する事務を行う
  投票の点検、投票の効力の決定、開票結果の報告、開票録の作成など
その選挙の有権者の中から、市町村選挙管理委員会によって選任される

投票立会人
投票事務の執行に立ち会い、投票が公正に行われるよう監視
  投票手続きの立ち会い、投票箱の送致の立ち会いなど
各投票区の選挙人名簿に登録された者の中から、市町村選挙管理委員会によって選任される

開票立会人
開票事務の執行に立ち会い、開票が公正に行われるよう監視
  開票手続きの立ち会い、投票の効力決定の際の意見陳述など
候補者等の届出に基づき、市町村選挙管理委員会によって選任される

選挙立会人

選挙会に立ち会い、当選人決定手続きに参与
候補者等の届出に基づき、その選挙を管理する選挙管理委員会によって選任される

▲ページトップへ