本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口大会

会期|2011年10月22日(土)〜24日(月)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 過去最多のメダル獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口大会開幕までの取組ニュース&トピックス>おいでませ!山口大会 コンディショニングルーム研修会を実施しました

ニュース&トピックス

2011年6月12日

おいでませ!山口大会 コンディショニングルーム研修会を実施しました

  おいでませ!山口大会では、参加する選手のコンディションを整えるため、理学療法士等の有資格者によるコンディショニングルームを各会場に設置します。

 6月12日(日)、山口市の山口コ・メディカル学院において、コンディショニングルームにご協力いただく有資格者団体の会員を対象に研修会を開催し、約80人が参加しました。
 研修会では、山口県立大学社会福祉学部准教授の重岡修先生による、障害者との接し方についての講義が行われました。また、山口県理学療法士会理学療法士の中山直樹先生にテーピングの実技指導を行っていただき、実技研修では参加者同士が熱心にテーピングをしあって本番に備えました。

 この研修の成果を活かして、おいでませ!山口大会に向けて、選手が万全な状態で競技に臨めるよう、しっかりと準備していきます。

<協力団体>
・山口県あん摩マッサージ指圧師会  
・山口県作業療法士会
・山口県柔道整復師会        
・山口県鍼灸師会
・山口県鍼灸マッサージ師会     
・山口県理学療法士会 
(五十音順)

<コンディショニングルームとは>
 全国障害者スポーツ大会で、選手の緊張をほぐしたり、競技後の疲労をとるため、有資格者が専門分野の知識と技術(マッサージ・ストレッチ・鍼・テーピング・アイシング等)により、リラックス効果や疲労回復を図るために設置するものです。

イメージ 千葉大会のコンディショニングルームの様子

イメージ 障害者との接し方についての講義

イメージ 講師によるテーピングの実演

イメージ 互いにテーピングの練習をする参加者の皆さん

ページトップ