本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口大会

会期|2011年10月22日(土)〜24日(月)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 過去最多のメダル獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口大会開幕までの取組ニュース&トピックス>おいでませ!山口大会リハーサル大会を開催しました

ニュース&トピックス

2011年5月22日

おいでませ!山口大会リハーサル大会を開催しました

  5月21日(土)と22日(日)、おいでませ!山口大会リハーサル大会を8市13会場で開催し、陸上競技など6つの個人競技と、バスケットボールなど7つの団体競技の全13競技に、約1,600人の選手が参加しました。
 
  22日に維新百年記念公園陸上競技場で行われた総合開会式では、山口県障害者スポーツ協会の藤田英二会長が開会を宣言し、泉清美選手(陸上競技)と木村祐樹選手(陸上競技)が選手宣誓を行いました。
 
  この大会では、個人競技は、例年行われている「全国障害者スポーツ大会派遣選手選考会」や「キラリンピック」等を兼ねており、今回の記録が山口県代表の選考記録となります。
 団体競技については、開催県の山口県チームは全競技予選免除となりますが、本大会に向けて一試合でも多く実践を積むため、交流試合を行いました。

  大会には、運営をサポートする「大会運営ボランティア」約430人や、手話や要約筆記を用いて情報提供を行う「情報支援ボランティア」約360人も参加し、本大会に向けて実践的な研修を重ねました。また、会場では、一生けんめい頑張る選手たちに多くの温かいエールが送られました。

 本大会まで残り153日。次は、秋の本大会でお会いしましょう!

イメージ 開会宣言

イメージ 選手宣誓

イメージ 陸上競技の様子

イメージ ボランティアの皆さんも大活躍

ページトップ