logo.gif   競技結果
第11回全国障害者スポーツ大会   会期:2011年10月22日(土)〜24日(月)
団体競技記録 - 男子バレーボール(知的)

@1回戦
岐阜県 0 22 - 25
23 - 25
山口県 2
第1セットの序盤にリードしたのは、山口県チームである。8番西田(聡)選 手の3連続サービスエース等で徐々に点差を広げた。岐阜県チームも5番天 池選手のスパイクで応戦するが、序盤の得点差を縮めることができず、25 −22で山口県チームがセットを先取した。
2セット目の序盤は逆に岐阜県チームがリードした。11番矢野選手を中心 にした粘り強いレシーブとミスの少ない攻撃で9−5と点差を広げた。終盤 でようやく追いついた山口県チームは、1番西田(篤)選手の絶妙なフェイン ト等もあり、接戦でこのセットをものにし、山口県チームが勝利した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-1.pdf

ページの先頭へ

A1回戦
宮城県 2 25 - 21
20 - 25
25 - 23
高知県 1
 試合開始早々、高知県1番谷川選手、2番松本選手の攻守にわたる活躍 で高知県チームがリードしたが、中盤以降、宮城県チームは、サーブと1番 大泉選手の強打で逆転し、1セット目を先取した。第2セットは、宮城県チー ムが先行したが、高知県チームがサーブポイントをきっかけに流れをつかみ、 セットをとった。第3セットは、宮城県チームが幅広い攻撃と1番大泉選手の 活躍で、粘る高知県チームを振り切り、この試合に勝利した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-2.pdf

ページの先頭へ

B1回戦
東京都 0 22 - 25
19 - 25
兵庫県 2
 1セット目の出だしでリズムを掴んだのは兵庫県チームであった。8番北山 選手の切れのあるスパイクや12番藤原選手のセンターからの攻撃で7対3 とリードした。東京都チームは5番杉浦選手のブロックや移動攻撃による活 躍で中盤に追いつくものの、終盤、確実に得点を重ねた兵庫県チームがこ のセットを先取した。
 2セット目の序盤も1セット目と同じ展開となった。東京都チームは1番松 本選手に球を集め攻撃するが、兵庫県チームの堅い守りに阻まれ思うよう に得点できない。最後は序盤のリードを保った兵庫県チームが2セット連取 し、準決勝にコマを進めた。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-3.pdf

ページの先頭へ

C準決勝
北九州市 0 16 - 25
17 - 25
山口県 2
 冷静な判断の山口県チームに対し、1番増野選手を攻撃の中心とする北 九州市チーム。9番森山選手の度重なる好レシーブで長いラリーを制した山 口県チームが1セット目を先取する。2セット目も守備力に勝る山口県チー ムが1番と8番の西田兄弟にボールを集め、終始リードした。北九州市チー ムも1番増野選手の強打で応戦したが、最後は山口県3番福田選手のスパ イクが決まり、山口県チームが勝利した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-4.pdf

ページの先頭へ

D準決勝
兵庫県 2 25 - 10
25 - 22
宮城県 0
 1セット目の序盤から徐々にリードを広げる兵庫県チームは、10番本田選 手の安定したトスから多彩な攻撃を仕掛ける。それに対し、宮城県チームは 3番杉田選手のライトからの攻撃、1番大泉選手のブロック等で反撃するが、 兵庫県チームが押し切りこのセットを先取した。
 2セット目は1点ずつを取り合う一進一退の攻防が中盤まで続いた。終盤、 兵庫県1番櫛部選手の活躍で兵庫県チームが辛勝し決勝にコマを進めたが、 準決勝にふさわしい見応えのある試合であった。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-5.pdf

ページの先頭へ

E交流試合
岐阜県 2 20 - 25
25 - 21
25 - 20
高知県 1
 序盤、エースどうしの打ち合いで両チームとも一歩も譲らない展開となった が、高知県1番谷川選手が立て続けに強打を決め、そのまま高知県チーム がセットを先取した。2セット目は、高知県チームの緩急のある攻撃に対し、 岐阜県チームは5番天池選手の高さで対抗した。また、岐阜県チームは1番 田川選手の角度のあるスパイクで流れをつかむと、そのままセットを制した。 続く3セット目は、高知県チームがリードするものの、岐阜県チームは1番田 川選手のセンター攻撃を軸とし、逆転。粘る高知県チームを振り切り、岐阜 県チームが勝利した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-6.pdf

ページの先頭へ

F交流試合
東京都 2 25 - 19
28 - 26
岐阜県 0
 第1セット、東京都チームは、1番松本選手の確実なスパイクやサーブに より、10対3までリードを広げた。それに対し、岐阜県チームは、1番田川 選手に球を集め応戦した。その後、両エースの打ち合いは終盤まで続いた が、序盤のリードを守った東京都チームがこのセットを先取した。
 第2セットは、双方譲らず、同点のまま中盤を迎える。先に抜け出したのは 岐阜県チームであった。5番天池選手の活躍で18対12とリードした。しか し東京都チームはここから驚異の粘りを見せる。4番大口選手の活躍もあり、 接戦の末、28対26で東京都チームが勝利した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-7.pdf

ページの先頭へ

G3位決定戦
宮崎県 2 25 - 22
25 - 17
北九州市 0
 一進一退の序盤の攻防の後、北九州市チームが1番増野選手の多彩な 攻撃でリードする。それに対する宮城県チームは3番杉田選手の強打の連 続で逆転し、そのまま宮城県チームがセットを先取する。続く2セット目も両 チーム譲らずゲームが進むが、宮城県チームは1番大泉選手、3番杉田選 手、4番高橋選手を軸とした幅のある攻撃で流れをつかみ、追いすがる北 九州市チームを振り切り勝利する。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-8.pdf

ページの先頭へ

H決勝戦
兵庫県 2 25 - 20
25 - 22
山口県 0
 1点ずつの取り合いで始まった第1セットは、両チームの持ち味を十分に 発揮した好ゲームとなった。兵庫県チームは、12番藤原選手のセンターか らの攻撃や1番櫛部選手のレフトからのスパイクで得点を重ねる。それに対 して山口県チームは、1番西田(篤)選手、8番西田(聡)選手を中心にミ スの少ないプレーで応戦する。終盤兵庫県チームはサービスエース等で一気 に得点し、このセットを先取した。
 第2セットは、先に兵庫県チームが抜け出した。8番北山選手の鋭いスパ イク等で着実に得点する。山口県チームも3番福田選手の絶妙なフェイント 等で巻き返しを図るもののその勢いを止めることができず、セットカウント 2対0で兵庫県チームが優勝した。
Pdf_small バレーボール男子(知的)A-9.pdf

ページの先頭へ


大会競技結果トップページに戻る

おいでませ!山口大会のページに戻る