logo.gif   競技結果
第11回全国障害者スポーツ大会   会期:2011年10月22日(土)〜24日(月)
団体競技記録 - 女子バレーボール(聴覚)

@1回戦
広島市 0 8 - 25
13 - 25
沖縄県 2
 1セット目は沖縄県5番坂口選手のサーブとバックアタックで流れをつかんだ。対する 広島市は、5番岸選手のレフトスパイクで応戦した。中盤から沖縄県6番島尻選手、8番 高良選手のサーブで相手レシーブをくずし、一気に勢いに乗ってセットを奪った。
 2セット目、広島市は、5番岸選手のレフトスパイクで得点した。中盤から沖縄県1番迎 選手の深めのサーブでコンビをくずし、4番新垣選手のジャンプフローターサーブで連続 得点し、最後は6番島尻選手のセンター攻撃でゲームセットとなった。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B1.pdf

ページの先頭へ

A1回戦
福島県 0 13 - 25
13 - 25
岐阜県 2
 序盤、岐阜県チームは、4番河尻選手の強烈なスパイクや 8番江崎選手・1番櫻井選手の速攻でリズムに乗り得点を重 ねる。対する福島県チームは、10番高橋選手・7番黒澤選 手の打点の高いスパイクで応戦するが及ばす、岐阜県チーム が第1セットを先取した。
 第2セット、岐阜県チームは、6番藤井選手の安定したレ シーブとサーブがチームを支え、10番安江選手の軽快なト スワークでリードを広げる。福島県チームも8番山中選手の コースをついたスパイクやサーブで粘りをみせるが、最後は 岐阜県チーム1番櫻井選手のダイレクトスパイクが決まり、 セットカウント2対0で岐阜県チームがゲームを制した。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B2.pdf

ページの先頭へ

B1回戦
神奈川県 2 25 - 6
25 - 16
山口県 0
 1セット目の序盤は、神奈川県1番蛇口選手のサーブでリズ ムに乗り、11番西川選手のレフトスパイクで得点を重ねた。 それに対して、山口県は1番小松選手、2番倉住選手の好レ シーブで応戦し、粘り強く戦った。最後は、神奈川県11番西 川選手のレフトスパイクが決まり、神奈川県がこのセットをも のにした。
 2セット目は、山口県の選手が地元の声援もあって、体の動 きがさらに良くなった。途中の素晴らしいラリーも山口県2番 倉住選手が気持ちのこもったレフトスパイクを決め、ラリーを 制した。神奈川県は、2番長澤選手のセンタースパイクや見事 なカバーで勢いに乗り、1番蛇口選手や7番三平選手のスパイ クも効果的に決まり、神奈川県が2セットを連取し、粘る山口 県を振り切って勝利をおさめた。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B3.pdf

ページの先頭へ

C準決勝
大阪市 2 25 - 18
20 - 25
26 - 24
沖縄県 1
 一進一退の攻防から始まったこの戦い。最初に流れを掴んだのは大阪 市チーム。6番岡崎選手の強烈なスパイクと10番岡本選手の強弱をつけた スパイクで得点を重ね、第一セットを先取。第二セット、対する沖縄県 チームも意地をみせる。8番高良選手のサーブで追いつくと、6番島尻選 手の好レシーブ、5番坂口選手のブロック、1番迎選手のストレートスパ イクなどで応戦。じりじりと大阪市チームを引き離し、セットカウント 1対1とする。
 最終セットも手に汗握る好ゲームとなった。中盤、大阪市チーム7番 玉田選手の粘り強いつなぎで流れが傾いたかのように見えたが、沖縄県 チーム8番高良選手の鋭いサーブで追いつく。その後、沖縄県チーム5 番坂口選手のフェイント、大阪市チーム15番浜口選手のブロックなど でデュースまでもつれ込み、最後、大阪市チーム6番岡崎選手のスト レートスパイクが決まってゲームセット。大阪市チームは追いすがる沖 縄県チームを振り払い、セットカウント2対1で、決勝戦に駒を進め た。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B4.pdf

ページの先頭へ

D準決勝
岐阜県 2 17 - 25
27 - 25
25 - 13
神奈川県 1
 1セット目の序盤、岐阜県4番河尻選手と神奈川県1番蛇口選手のスパイク を中心に攻防が続いた。そして1番蛇口選手のコースを狙うスパイクや7番三 平選手のサーブで勢いに乗り、セットを先取した。
 2セット目は、岐阜県6番リべロの藤井選手の安定したレシーブでリズムに 乗り、4番河尻選手の力強いレフトスパイクで得点を重ねた。それに対し、神 奈川県は7番三平選手のサーブや4番西村選手のスパイクで応戦し、一進一退 の白熱したゲームを展開し、デュースにもつれ込んだ。最後は、岐阜県4番河 尻選手のレフトスパイクが決まり、フルセットにもち込んだ。
 3セット目の序盤は、岐阜県が9番今井選手のサーブと4番河尻選手のスパ イクで好スタートを切った。1番櫻井選手のAクイックからの絶妙なフェイン トで相手レシーブをくずし、10番安江選手のサーブで得点を重ねていった。 対する神奈川県は、2番長澤選手、7番三平選手、11番西川選手のスパイク で反撃を試みるが、最後は、岐阜県4番河尻選手がサービスエースを決め、粘 る神奈川県に勝利した。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B5.pdff

ページの先頭へ

E交流試合
広島市 2 25 - 15
22 - 25
25 - 19
福島県 1
 第1セット、広島市チームは9番吉冨選手のサーブで連続得点を重 ね、波に乗る。対する福島県チームは10番高橋選手や8番山中選手の スパイクで応戦するが及ばず、広島市チームがセットを先取した。
 第2セットは中盤、福島県チーム12番斎藤(陽)選手のサーブで追撃 する。その後、広島県チームの1番石原選手の目の覚めるようなライト スパイクや福島県チームの4番斎藤(静)選手の好レシーブなどで一進一 退の攻防が続き、福島県チームが意地を見せ、このセットを制した。
 最終セット、広島市チームは、1番石原選手のスパイクや5番岸選手 のサーブでスタートダッシュに成功し、福島県チームを引き離す。福島 県チームも、8番山中選手のファイトあふれるフライングレシーブや4 番斎藤(静)選手のコーナーをついたサーブで粘りを見せるが、セットカ ウント2対1で、広島市チームが勝利をおさめた。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B6.pdf

ページの先頭へ

F交流試合
広島市 2 25 - 19
25 - 15
山口県 0
 1セット目は、山口県がレシーブをつなぎ、2番倉住選手を 中心としたスパイク、サーブで勢いづき、最初のタイムアウト を広島市が取った。その後、広島市が1番石原選手、5番岸選 手のスパイクで反撃を開始すると、最後は1番石原選手のレフ トからのストレートスパイクでセットを先取した。
 2セット目は、広島市1番石原選手、5番岸選手の両エース の力強いスパイクで得点を重ねていった。それに対し、山口県 は粘り強いレシーブとタイムアウト等のベンチワークで流れを かえようと試み、1番石原選手、5番岸選手のスパイクで必死 に攻めたが、勢いを止めることができずに広島市が勝利した。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B7.pdf

ページの先頭へ

G3位決定戦
沖縄県 2 25 - 23
25 - 14
神奈川県 0
 第1セット、1点ずつを取り合う好ゲームとなった。先にリードを 奪ったのは、沖縄県チーム。1番迎選手・6番島尻選手の強烈なスパイ クやチーム全員の安定したサーブで突き放しにかかる。対する神奈川県 チームは、12番國安選手の正確なサーブレシーブから繰り出された7 番三平選手のコーナーぎりぎりに決まるスパイクで流れを呼び寄せ、持 前のレシーブ力と1番蛇口選手の落ちるサーブで逆転に成功する。終 盤、沖縄県チームは6番島尻選手のスパイクで再逆転し、このセットを ものにした。
 第2セット、沖縄県チームは、8番高良選手の軽快なカバーリングや 9番比嘉選手の好レシーブがチームを支え、スタートからゲームを優位 に進める。対する神奈川県も2番長澤選手や7番三平選手の鋭いスパイ クで応戦するが及ばず、セットカウント2対0で沖縄県チームが3位を 獲得した。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B8.pdf

ページの先頭へ

H決勝戦
岐阜県 2 25 - 17
25 - 15
大阪市 0
 第1セット、岐阜県4番河尻選手、大阪市6番岡崎選手の両エースのスパイ クで互角のスタートを切った。均衡を破ったのは、岐阜県リベロ6番藤井選手 の安定したレシーブからセッター10番安江選手の巧みなトス回しで、1番櫻 井選手のAクイックや12番河合選手のライト攻撃で、得点を重ねていった。 対して大阪市は、10番岡本選手もレフトから力強いスパイクを打ち、全員で 粘り強くレシーブをしたが、最後は岐阜県4番河尻選手のレフトからのスパイ クでセットを先取した。
 第2セットは、両セッターのていねいなトス回しで、レフト攻撃を中心に攻 防を繰り広げた。大阪市は、6番岡崎選手と10番岡本選手のエースにトスを 集めパワフルなスパイクやコースを狙ったスパイクで攻めた。対する岐阜県 は、4番河尻選手の強弱のあるスパイクで勢いに乗り、全員が粘り強いレシー ブでボールを繋ぎ、1番櫻井選手、8番江崎選手の速攻を交え、大きくリード していった。終盤、大阪市がサーブで攻めて粘りを見せ、10番岡本選手が渾 身のレフトスパイクをクロスに打ったが、わずかにアウトになり、ゲームセッ ト。岐阜県が優勝の栄冠を全員バレーで勝ち取った。
Pdf_small バレーボール女子(聴覚)B9.pdf

ページの先頭へ


大会競技結果トップページに戻る

おいでませ!山口大会のページに戻る