logo.gif   競技結果
第11回全国障害者スポーツ大会   会期:2011年10月22日(土)〜24日(月)
団体競技記録 - グランドソフトボール

@1回戦
鹿児島県 5 青森県 2
鹿児島県打線大爆発!
両チームエースの好投により5回まで2−2のこう着状態。大会規定によりタイブレーカー(ランナー二塁から試合開始)となる。 6回表鹿児島県先頭バッター満重、それに続く木村、岩崎の強打により3点を取り試合を決めた。
Pdf_small グランドソフトボール1.pdf

ページの先頭へ

A1回戦
山口県 1 群馬県 7
群馬県、地元山口県を撃破!
山口大会初戦突破を期待される山口県選手団の初戦。両チームの好投、攻守に阻まれ硬直状態が続くも、 4回表、群馬県1番 狩野の満塁ホームラン等で一挙6得点!
一方、山口県もその裏の攻撃でノーアウトフルベースのチャンスをつくるも、惜しくも敗れた。
Pdf_small グランドソフトボール2.pdf

ページの先頭へ

B1回戦
三重県 10 京都府 5
三重県の猛攻、京都府を振り切る
点の取り合いで始まった試合、二回に京都府の逆転を一時許すも、 三回に三重県の打線が爆発。2本の三塁打を含む猛攻で再度勝ち越し。追いすがる京都府を振り切った。
Pdf_small グランドソフトボール3.pdf

ページの先頭へ

C交流試合
青森県 6 山口県 5
交流試合 1回戦!
本線で惜しくも初戦敗退をした両者による雪辱戦!初回より大量得点による大荒れの様相。
ところが2回以降、両投手の好投により引き締まった試合内容となった。
試合は、初回に5点をたたき出した地元 山口県であったが、5回表の青森県の猛追のまえに惜しくも敗れた。
Pdf_small グランドソフトボール4.pdf

ページの先頭へ

D準決勝
広島県 2 鹿児島県 9
鹿児島県が決勝戦へ進出!!
昨日の1回戦で青森県を破った好調な鹿児島県は、2回、岩崎の満塁ホームランなどで一挙5得点、 試合を優位に進めた。
一方、1回戦シードのため今大会初戦となる広島県は、毎回ランナーを出す ものの得点に結びつけることができなかった。
試合は、3回以降広島県に得点をゆるさなかった、鹿児島県が勝利した。
Pdf_small グランドソフトボール5.pdf

ページの先頭へ

E準決勝
群馬県 2 三重県16
打点爆発。三重県余裕の圧勝で決勝進出
初回、三重県は大堀の本塁打を含む打者一巡の猛攻で5点。 さらに3回、5回の波状攻撃で着実に得点を重ね、終わってみれば16点の圧勝。群馬県は打線がつながらず、6残塁の残念な結果。
Pdf_small グランドソフトボール6.pdf

ページの先頭へ

F交流試合
青森県 6 京都府 6
抽選の結果、京都府勝利。
一進一退の攻防戦!
京都府は初回、3番打者 中村によるフェンス越えの特大3ランホームランにより試合の流れを掴んだかに思えたが、 その裏、青森県の猛攻にあい逆転を許した。
3回表、京都府はまたしても3番 中村の2打席連続ホームランで同点に。試合は抽選により京都府が勝利した。
Pdf_small グランドソフトボール7.pdf

ページの先頭へ

G決勝戦
鹿児島県 1 三重県 1
抽選の結果、三重県の勝利。
決勝戦にふさわしい熱戦。抽選で三重県が優勝
三重県が1回裏に相手エラーで1点を先取するも、鹿児島県も2回表にすかさず反撃、押し出しで同点に追いついた。 その後も終始三重県ペースで試合が進むも、決着がつかず、大会規定により抽選となった。三重県が栄冠を手にした。
Pdf_small グランドソフトボール8.pdf

ページの先頭へ

H3位決定戦
広島県 8 群馬県 1
巧打! 攻守! 広島県が3位決定!!
初回、広島県は5番打者までの連打をもとに5点を先取した。群馬県もすかさずその裏1点を返すが、得点はこの1点のみとなった。 2回以降は投手戦となり、両チームともに好守による残塁が多い攻め手を欠いた展開となった。3回に広島県が3点を追加し、逃げ切り勝負を決した。
Pdf_small グランドソフトボール9.pdf

ページの先頭へ


大会競技結果トップページに戻る

おいでませ!山口大会のページに戻る