本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口国体

会期|2011年10月1日(土)〜11日(火)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 天皇杯獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口国体開幕までの取組リハーサル大会>全日本社会人ウエイトリフティング選手権大会

リハーサル大会

2010年12月1日

全日本社会人ウエイトリフティング選手権大会

【大会の状況】
 三日間にわたり、全国各地から集まった245名の選手により熱戦が繰り広げられました。地元山口県選手は、野村選手と遠藤選手がともに6位入賞をするなど健闘しました。
 また、市民ボランティアの皆様には、受付、環境美化などお手伝いいただきました。

★大会結果はこちら(pdfファイル182KB)

【大会概要】
1 大会名 全日本社会人ウエイトリフティング選手権大会
2 日  程 平成22年11月19日(金)〜21日(日)
3 会  場 海峡メッセ下関(下関市)

【みどころ】
4 展  望
 個人選手権の優勝争いに加え、団体選手権において自衛隊体育学校(埼玉県)の9連覇達成なるかがみどころである。かいじクラブ(山梨県)、警視庁(東京都)、トヨタ自動車(愛知県)などの優勝候補を含め、熱い戦いが展開されそうである。

5 チームやまぐち
  長州バーベルクラブ
  選手 56kg級 槇埜博俊
      77kg級 野村真弘(新潟国体69kg級スナッチ種目優勝)
      94kg級 遠藤裕輝(千葉国体85kg級トータル3位)

6 話  題
 千葉国体にて怪我に苦しみながらもスナッチ種目4位入賞を果たしたチームやまぐちの野村真弘選手は、怪我からの復活をかけ階級を上げての優勝を目指す。また、野村真弘選手は、開会式にて選手宣誓を行う。

イメージ 競  技

イメージ 競  技

イメージ 表彰式

イメージ 競技補助員

イメージ ボランティア

ページトップ