本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口国体

会期|2011年10月1日(土)〜11日(火)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 天皇杯獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口国体開幕までの取組リハーサル大会>全日本社会人ホッケー選手権大会

リハーサル大会

2010年9月24日

全日本社会人ホッケー選手権大会

【大会の状況】
 ブロック予選を勝ち抜いた24チームによる熱戦が、岩国市・山口市の両会場で行われ、名古屋フラーテルホッケーチームが7年連続23回目の優勝を果たしました。地元「山口KUGAクラブ」は初戦で惜敗しました。
 また、市民ボランティアの皆様をはじめ、地元高校のホッケー部員にもお手伝いをいただき、スムーズな大会運営ができました。

大会結果はこちら(pdfファイル89KB)

【大会概要】
1 大会名 全日本社会人ホッケー選手権大会
2 日  程 平成22年9月11日(土)〜15日(水)
3 会  場 山口きらら博記念公園多目的ドーム(山口市)
        玖珂総合公園人工芝多目的広場(岩国市)

【みどころ】
4 展  望
  全国各地のブロック予選を勝ち抜いた24チーム(選手・監督528名)が参加し、社会人ホッケー日本一を目指す。大会6連覇中の名古屋フラーテルホッケーチームを軸にしたトーナメント戦が展開されそうである。

5 チームやまぐち
  山口KUGAクラブ(開催地代表)
       選 手:桑原純也、福田隼輔、山本智弘、桑原良平、篠崎裕史
                   木村考利、波多野純一、堀川健太郎、柳川良樹、田中孝昌
                   小林亨介、山崎常雄、手嶋貴紀、渡辺淳、門田大地
                   柳川秀平、兼重貴充、東 敬
        監 督:田中孝昌
        コーチ:栢原勝人

6 話  題
  6年連続22回優勝の名古屋フラーテルホッケーチームや、1963年創部で国体優勝経験のある箕島ホッケークラブ、1971年創設39年目三菱化学・坂出ホッケーチームなどの古豪チームが出場しており、レベルの高い競技が観戦できる。

イメージ 試合(岩国市)

イメージ 試合(山口市)

イメージ 開会式

イメージ 表彰

イメージ ボランティアの活動

ページトップ