本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口国体

会期|2011年10月1日(土)〜11日(火)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 天皇杯獲得

ダウンロード

トピックパススタート

リハーサル大会

2010年6月8日

都道府県対抗なぎなた大会

【大会の状況】
  初日に行われた演技競技では、山口県代表の嶋田・寒田ペアが地元の大声援の中、見事5位入賞を果たしました。総合成績でも山口県は、7位に入賞し、おいでませ!山口国体での活躍が期待されます。
    また、市民ボランティアの皆様には、受付、会場整理などをお手伝いいただき、全国各地から参加した監督・選手、大会関係者との交流がありました。 

大会結果はこちら(pdfファイル 27KB)


【大会概要】
1 大会名 都道府県対抗なぎなた大会
2 日  程 平成22年5月29日(土)、30日(日)
3 会  場 下関市立大学体育館(下関市)

【みどころ】
4 展  望
    演技競技では、山口県が一回戦で戦うのは、昨年7位の大分県。山口県も昨年4位という成績を残しており、白熱した試合展開が期待できる。
    試合競技でも山口県は、一回戦、昨年準優勝の福島県との対戦。ここを突破し、波にのりたいところ。また、各チームの力は接近しており、序盤から終盤まで目の離せない試合が展開されそうである。

5 チームやまぐち
   演技競技では、昨年の大会で4位入賞を果たしたベテラン嶋田監督兼選手(五段)と若手の寒田選手(三段)のコンビで挑む。入賞経験のある嶋田選手のリードのもと寒田選手ののびのびとした演技が発揮できれば、今大会も上位入賞が期待できる。
     試合競技では、大将:久冨選手(四段)、副将:椎木選手(二段)、中堅:橋本選手(三段)、次鋒:村田選手(初段)、先鋒:武本選手(三段)の5名。県大会をはじめ国体などで優勝・入賞している期待の選手たちである。

6 話  題
   昨年の新潟国体少年の部演技競技で優勝した村田選手、一昨年の大分国体同5位入賞の椎木選手が、今大会でどれだけ大人の試合競技ができるかが見どころである。

イメージ 試 合

イメージ 競技役員

イメージ ボランティアの活動

イメージ 表彰式

ページトップ