本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口国体

会期|2011年10月1日(土)〜11日(火)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 天皇杯獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口国体開幕までの取組リハーサル大会>中国高等学校レスリング選手権大会

リハーサル大会

2010年5月17日

中国高等学校レスリング選手権大会

【大会の状況】
   
2日間にわたり中国地方各県代表選手による熱戦が展開されました。
    大会の結果では、学校対抗戦で、田布施農工高等学校が準優勝しました。個人対抗戦では、50kg級で、周南市出身の野村勇志選手が優勝するなど県内の選手が大いに活躍しました。
   また、新南陽高等学校、南陽工業高等学校の生徒52名の皆さんに、本部記録、マット放送、得点・時計係など競技補助員としてご協力いただきました。

大会結果はこちらから(pdfファイル 79KB)


【大会概要】

1 大会名 中国高等学校レスリング選手権大会
2 日  程 平成22年5月8日(土)、9日(日)
3 会  場 周南市新南陽体育館(周南市)

【みどころ】
4 展 望       
〔学校対抗戦〕 
 優勝候補は、昨年度末に行われた中国選抜大会で優勝した鳥取中央育英高校、岡山県1位校の笠岡工業高校。この2校を追うのが、山口県1位校の田布施農工高校であるが、勝ち進めば決勝戦で両校の勝者と激突することとなる。

5 チームやまぐち
〔学校対抗戦〕
・田布施農工高校(県予選1位校:総合的にバランスの取れたチーム、3位以上の入賞が期待される)
・豊浦高校(県予選2位校:軽中量級の活躍が上位入賞の鍵)
・山口県鴻城高校(県予選3位校:チーム5人で厳しい戦いに挑む)

〔個人戦〕
 1月の中国選抜大会で準優勝の50kg級河野選手(柳井3年)や、3位に入賞した66kg級岡田選手(田布施農業3年)・74kg級脇村選手(田布施工業2年)、5位入賞の84kg級池田選手(豊浦2年)、96kg級秋本選手(豊浦3年)などが上位入賞を十分に狙える。


6 話 題  
 注目のルーキーは、県予選会60kg級で優勝した竹下選手(山口鴻城1年)と同50kg級で惜しくも2位の野村選手(田布施農工1年)。
 竹下選手は、中学時代に柔道55kg級県チャンピオン経験者であり、一方の野村選手も、幼少からジュニアレスリングを始め、これまでに全国大会での入賞経験がある。両者ともに、堂々とした戦いで会場を盛り上げてくれることを期待している。

イメージ 会場の様子

イメージ 山口県知事から激励を受ける選手たち

イメージ 競技補助員

イメージ 表彰式

ページトップ