本文までジャンプする

ロゴと会期

おいでませ!山口国体

会期|2011年10月1日(土)〜11日(火)

ヘッダーメニュー

グローバルメニュースタート

グローバルメニュー終了

メインメニュースタート

3つのポイント

  • 県民総参加の手づくりのおもてなし
  • たちあがれ!東北 がんばろう!日本
  • 天皇杯獲得

ダウンロード

トピックパススタート

おいでませ!山口国体開幕までの取組ニュース&トピックス>第2回国体開催基本構想策定懇話会の開催

ニュース&トピックス

2005年7月19日

第2回国体開催基本構想策定懇話会の開催

開催日等

日時:平成17年7月19日 13:30〜15:30
場所:山口県庁4階 共用第4会議室

 第2回懇話会では、次の3点について意見交換が行われました。

山口が提案する国体

  • インパクトのあるテーマを設定し、全国にアピールするためにも、総合的なプロデュースが必要である。
  • 山口県らしさを県内外に発信するためにも、開会式は心に残るものにする必要がある。特に、選手に見せるような仕組みができればよいと思う。
  • 県内各地域にはそれぞれのらしさがあり、各市町村が独自の形として打ち出しものを全体として捉えたものが山口県らしさではないかと思う。
  • スポーツのする、みる、支えるの「みる、支える」ということにもっと力を入れて、色々な工夫をすれば盛り上がった大会になると思う。

県民総合参加のしくみづくり

  • 山口県独自の国体の映画を作り、県民に国体というものを知ってもらうことが必要。県民の意識が高まれば県民総参加にも繋がると思う。
  • 様々な角度から県民が参加できる場の設定を是非とも検討してもらいたい。
  • 衰退から抜け出すキーワードは地域社会の多様な市民パーワであり、この精神を国体に活かしていかなければならない。

競技力の向上と生涯スポーツ環境の整備

  • 個人的には天皇杯にこだわる必要はないと思うが、盛り上げて印象に残る国体とするためにはある程度の成績を残すことは必要だと思う。
  • 国体が終わったら萎んでしまうという競技力ではなく、維持していける体制を組んでいくことが大切である。
  • 各市町村に一つという最低の目標ではなく、質の高い総合型地域スポーツクラブづくりに向けて、早めに手を打っていく必要がある。

 詳細は「第2回懇話会の意見交換の概要」のとおり

PDF資料

第2回懇話会の意見交換の概要(28.5KB)
第2回懇話会次第等(16KB)
第1回懇話会での提言等(資料1)(16KB)
第2回懇話会協議事項(資料2)(28.5KB)

イメージ
第2回国体開催基本構想策定懇話会の様子

ページトップ