• 観光スポット
  • 特産品・お土産
  • 歴史情報満載
  • 豊かな自然
  • 文化文学紹介
  • UJIターン
  • ふるさと大使など
  • 企業向け情報
  • やまぐちQ&A
  • やまぐち写真館

やまぐちQ&A データあらかると


Q1
日本で最初のクリスマスって山口県なの?
Q2
山口県にある日本一大きい鍾乳洞って?
Q3
日本最古の天満宮は山口県にあるの?
Q4
日本初のおみくじの自動販売機って山口県の会社がつくったの?

A1.はい、山口県が日本で初めてクリスマスを祝った場所です。

サビエル記念聖堂

サビエル記念聖堂

山口でフランシスコ・サビエルがキリスト教の布教活動を行ったのが1551年。
翌52年に、宣教師らによって賛美歌が歌われ、クリスマスが祝われました。
それが日本で最初のクリスマスです。
宣教師たちが、日本で初めて西洋楽器を演奏したのもこの頃。そのため、日本の西洋音楽発祥の地ともいわれています。

A2.山口県を代表する観光スポット「秋芳洞」です。

秋芳洞入口

秋芳洞入口

秋吉台(あきよしだい)は、約3億年前、この一帯が海だったといわれる日本一広大なカルスト(石灰岩の)台地です。大部分が自然公園として国定公園に指定(1955年)され、その中の一部は特別天然記念物に指定(1964年)されています。そのエリアは、山口県中央部のやや西寄り、東西17キロメートル、南北8キロメートルに及びます。春は一面の新緑、秋は、生い茂る銀色のススキ群のなかにリンドウなどの野草が揺れます。また、毎年2月の下旬には山焼きが行われ、秋吉台周辺から一斉に放たれた火は、瞬く間に一面に広がり、その炎は、高さ5メートル以上に達します。
秋芳洞(あきよしどう)は東洋一といわれている鍾乳洞(しょうにゅうどう)で、山口県を代表する、観光スポットの1つです。何億年という歳月をかけて形成された自然の造形物の大きさ、美しさは、ただただ驚かされるばかりです。


百枚皿

百枚皿

総延長は約10キロメートルといわれていますが、観光用に公開されているのは約1.5キロメートルほど。天井の高さは平均30メートルもあります。洞内の気温は1年を通 じて約17度に保たれており快適そのもの。傘(かさ)づくし、青天井(あおてんじょう)、千畳敷(せんじょうじき)、百枚皿、黄金柱(こがねばしら)、五百羅漢など数多くの見所があります。

A3.はい、防府市にある防府天満宮です。

防府天満宮

防府天満宮

防府天満宮は、学問の神様としてあがめられている菅原道真を祀った「日本最古の天満宮」です。
菅原道真公の没後1年の西暦904年に創建されました。
京都の北野天満宮,福岡の太宰府天満宮とともに日本の三天神といわれています。

A4.はい、その通りです。

おみくじ

神社・寺院を訪ねたらおみくじをひく人は多いと思います。
そのおみくじの全国60%を製造している会社が周南市の鹿野(かの)地区にあります。
さらにその会社は、日本で最初におみくじの自動販売機を製造販売しています。