山口キッズウェブ

このリンクで通常メニュー、コンテンツをスキップし、音声用コンテンツ本文へジャンプできます。

山口県産大豆・小麦の加工品 (地産・地消で生産と消費を結ぶ)

山口県では、水田農業を振興する上で、大豆や麦を重要な作物として位置づけしています。
大豆や小麦で芽生えつつある「県産原料100%の加工品」への取組みを紹介します。

大豆

 

 

 

加工

山口県産の大豆の多くは豆腐の加工原料として使われています。

 

 

山口県豆腐商工組合の取組みにより、県産大豆100%の豆腐が商品化されています。
県産大豆原料100%の豆腐は、風味が良く、昔ながらの豆腐の味がすると好評です。

 

小麦

生産

主な品種
:「農林61号」、「チクゴイズミ」、「ニシノカオリ」
作付面積
:663ヘクタール(平成14年産)

品質向上や生産物の均質化のため、共同乾燥施設による乾燥作業の集約に取り組んでいます。

平成14年産農協別小麦収穫量

 

 

○山口県産小麦の多くは県内の製粉会社で製粉されます。
○県内で製粉することで、県内の食品原料としての需要(じゅよう)が高まります。

 
 

ここからは、音声リーダー用のコンテンツです。


音声用コンテンツを読み上げます。ここからメニューです。

グローバルメニューです。6つのリンクがあります。

パンくずリストを読み上げます。トップページからメニューをたどり、ここで現在読み上げている文書の位置を確認できます。

以下、「山口県の恵み」関連のメニューです。4つのリンクがあります。

以下、「山口の農産物」関連のメニューです。3つのリンクがあります。

ここから、本文です。

山口県産大豆・小麦の加工品(地産・地消で生産と消費を結ぶ)。

山口県では、水田農業を振興する上で、大豆や、麦を、重要な作物として位置づけしています。
大豆や小麦で芽生えつつある「県産原料100%の加工品」への取組みを紹介します。

大豆。

生産

平成14年産農協別大豆収穫量の画像

主な品種:サチユタカ。

作付面積:1,030ヘクタール(平成14年産)

生産コスト削減、高品質化のため、栽培ほ場の集約や大豆コンバイン等の大型機械の導入が行われています。


大豆の栽培ほ場。


大型機械による収穫。


収穫、調整された大豆。

加工

山口県産の大豆の多くは豆腐の加工原料として使われています。


豆腐の製造過程。


県産大豆。
原料100%の豆腐。


消費風景。

山口県豆腐商工組合の取組みにより、県産大豆100%の豆腐が商品化されています。
県産大豆原料100%の豆腐は、風味が良く、昔ながらの豆腐の味がすると好評です。

小麦。

生産

主な品種:「農林61号」、「チクゴイズミ」、「ニシノカオリ」。

作付面積:663ヘクタール(平成14年産)。

品質向上や生産物の均質化のため、共同乾燥施設による乾燥作業の集約に取り組んでいます。

収穫風景の画像

小麦の栽培ほ場の画像

小麦の収穫風景の画像

一次加工の小麦粉「製粉機械」、「製粉された小麦粉」の画像

○山口県産小麦の多くは県内の製粉会社で製粉されます。
○県内で製粉することで、県内の食品原料としての需要が高まります。

二次加工のうどん「うどんの製造過程」、「県産小麦100%のうどん」の画像
山口県製麺協同組合の取組みにより、生地の熟成時間や茹で時間などについて研究の上、開発されました。スーパー等の量販店や学校給食に供給されています。

二次加工のパン「パンの製造過程」、「学校給食への供給」の画像
山口県パン工業協同組合の取組みにより、生地形成や発酵時間などに工夫を重ねて開発されました。学校給食を主体に供給されています。

この文書をもう一度最初から読み上げます。