タイトル

県のシンボル
県のシンボル 県旗・県章 県花 県木 県獣 県鳥 県魚 
県民歌 みんなのふるさと(歌)
山口県を象徴するものが「シンボル」
皆さんは母校の校章(マーク)が思いうかびますか?
また、そのマークの意味を知っていますか?
実は山口県にもそういうマーク(県章)があるのです!
他にも花、木、鳥、獣、魚など、山口県を象徴する「シンボル」があります。
県章 ◆県章・県旗
 昭和37年、県政施行90周年を記念して制定されました。「山」「口」の文字を図案的に組み合わせ、県民の団結と飛躍を太陽に向かってはばたく飛鳥に託し、雄県山口を表現したものです。
夏みかんの花 ◆県花(夏みかんの花)
 昭和29年、郷土を象徴する花としてNHKが選定しました。夏みかんは長門市大日比(おおひび)が原産地で、5月になると白い花が咲き、香水をまいたような甘ずっぱい香りが漂います。花は1ヶ月程度咲き誇り、やがて「だいだい」と呼ばれる黄色い実を結びます。
アカマツ ◆県木(アカマツ)
 昭和41年、広く県民からの公募によって選定されました。県内に広く分布するアカマツは、どんなやせ地でも育ち、干ばつにも強いことから「根性の木」として評価されています。800年前の東大寺大仏殿の復興材や昭和40年の皇居新宮殿「松の間」の内装材に使われています。
ホンシュウジカ ◆県獣 (ホンシュウジカ)
 昭和39年、鳥獣愛護の啓蒙の一環として、広く県民からの公募によって選定されました。現在、主として豊田町、長門市、油谷町、豊北町周辺に生息しています。
ナベヅル ◆県鳥 (ナベヅル)
 昭和39年、県獣と同時に公募によって選定されました。熊毛町八代(やしろ)は本州で唯一のナベヅル飛来地です。特別天然記念物に指定されているここのナベヅルは、最近では、毎年10月下旬頃から20〜30羽程度訪れ、翌年3月上旬にはシベリア方面へ帰ります。
ふく ◆県魚 ふく(ふぐ)
 「福」に通じるため、山口県では「ふく」と言われています。平成元年、広く県民からの公募によって選定されました。歴史的にも、ふぐの漁法「延縄(はえなわ)漁法」の考案や「食用禁止の解除」は、いずれも本県が日本初です。アメリカ輸出も山口県内で処理されたものだけが認められています。山口県といえば、ふぐで決まりです。
県のシンボル 自然 歴史 産業 住み良さ 生活 文化 観光 国際 教育

トップぺージへこのページの頭へ 次のページへ